弁護士に依頼|知ると便利な過払い金請求|事務所に依頼する際の流れ
スーツの人達

知ると便利な過払い金請求|事務所に依頼する際の流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士に依頼

男女

弁護人を雇うのは高額なのか

皆さまには、このようなお困りはありませんか。突然の交通事故の賠償金や離婚、借金の整理など、一般市民にとって身近と思われる種類の事件について、どのくらいの費用がかかるのかということのおよその目安を弁護士さんと相談したい場合、依頼することでスムーズにトラブルが解決することができます。しかし、依頼することで高額な金額なのかと、また頭を悩ましてしまいます。そんな方のために弁護士さんを依頼する場合の費用についてお教えします。一般的に、弁護士に支払う費用の種類としては、「着手金」「報酬金」「手数料」「法律相談料」「顧問料」「日当」「実費」などがあります。事件の内容は当事者間の争いの有無や難易度の違い、事務所によって金額が異なります。いくつかの事務所に絞りだし比較してみましょう。

弁護士の歴史について

今では多くの弁護士さんが、テレビで話題になったり突然の交通事故などで相談出来たりと親身になって活動しています。そんな弁護士さんは古く昔から世界で活躍する歴史がありました。そこで、皆さんに弁護士の歴史につい紹介します。時代は古代、ギリシャ・ローマでは裁判において代弁を主とする職が認められて言いました。中世で西ヨーロッパで主にローマ法の下の制度として発達しました。そのため、法律家を育成するために各大学に法学部が誕生しました。日本では、鎌倉時代に六波羅探題等で争論に際して弁論・口述の長けた代官が存在しました。江戸時代の「公事師」は、日本置いて独自に発達した弁護士の祖型とも言われています。そして、明治時代に入り現在の近代的司法制度が誕生し弁護士法が制定されました。