良い仕事をしてくれる|知ると便利な過払い金請求|事務所に依頼する際の流れ
スーツの人達

知ると便利な過払い金請求|事務所に依頼する際の流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

良い仕事をしてくれる

男の人

相談役として知られる税理士ですが、「じゃあ司法書士が仕事として会社設立のサポートをやればいいんじゃないの?」と思った人もいるかもしれませんね。もちろん、司法書士事務所でも会社の設立、法人化をサポートするという業務は行われています。しかし、税理士事務所や弁護士事務所ではバンバン広告をうち、ネットでも呼びかけ、サポートを求める人たちを惹きつけています。税理士や弁護士がこの仕事に乗り出してくるのは、設立のときはもちろんのこと、設立後にも、彼らの専門が生かされる場面が会社に訪れるからに他なりません。たとえば弁護士といえば法律全般を広くカバーする専門家であり、普段はあらゆる種類の法律相談をさまざまな人から聞き、解決できることがあればさまざまな手段を講じて相談ごとを解決するという業務を行なっています。同じように会社が何かのトラブルに巻き込まれたとき、その相談を受け、会社が傷つかずに済むように解決の糸口をさぐり、さまざまな手段を講じるという仕事がここに存在しているのです。

会社設立のときだけではなく、設立後のサポートも行う。それが、税理士事務所や弁護士事務所のスタンスです。むしろ設立の仕事は司法書士による「登記」が中心になるわけですから、税理士や弁護士の仕事の中心は設立後にあると言ってもいいかもしれません。税理士の、会社設立のあとの仕事とは何か?ひとことで言えば、会社の税務一般。会社が会社として納税しなければならないとき。お金の計算をしなければならないとき。そんなとき、税理士の人たちが仕事をします。納税というのはひどくややこしい制度であり、特に日本は自己申告制が基本ですから、自分で計算して自分で手続きをしなければ納税が出来ません。そのため、税理士事務所や弁護士事務所を利用することが多くあるのです。