分からない点を相談|知ると便利な過払い金請求|事務所に依頼する際の流れ
スーツの人達

知ると便利な過払い金請求|事務所に依頼する際の流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

分からない点を相談

男性

川越などで遺品整理や遺産相続でおきるケースとして、気がつけば相続人になっていた。なんてケースもあります。こうなった場合でもあせらずに状況を把握し、確認し、放棄をするか受諾するかを選びましょう。ここで相続について改めて確認しましょう。相続とは、亡くなった人の財産を受け継ぐということであり、それは親戚や家族に限った話ではないんです。遺産分配の決定権は亡くなった人の意思が最優先です。あなたの友人が亡くなった時に、遺書に「俺の友人に財産を」なんて書かれていたら、たとえ血の繋がりがなくても受け継ぐ資格が得られます。一昔前の漫画やドラマなどでも親切にしてたおじいちゃんが実は大富豪で遺書に〜なんてケースもあるでしょうが。まあそれはよほどの大善行をやらかさない限りありえません。亡くなった人が遺書を何も書いていなかった場合、配偶者がまず受け取る権利が与えられます。次いで、子供に権利があります。これは養子でもたとえ別の人との間にできた、いわゆる腹違いの子でも同じです。法律上子供ならばすべて同一とみなされます。そしてその次に直径の方。つまり、両親や、祖父母です。そして兄弟姉妹がその次にきます。この兄弟姉妹が死別している場合はその子供が変わりに受け取れる権利があります。遺産相続に関して何か分からない点があるという方は、一度川越などで遺産相続に関して相談できる弁護士に相談してみるのも良いでしょう。相続に関して相談することによって、不安を解消できることに繋がります。